Webサイト運営に
重要な情報だけを凝縮。

膨大な評価指標やインターネット上に
点在する情報、
提出に追われるレポート…。
Juicer(ジューサー)なら短時間で
Webサイト運営に必要なすべてがわかります。

ビッグデータで
Webサイトの
パフォーマンスを
引き出す

  • インターネット実行動ログ

    のべ1.0億人以上

  • 国内導入サイト

    約1.3万サイト

  • 口コミデータ

    約590億件

  • IP・企業情報データ

    約36億件

  • ネットリサーチデータ

    約250万人

ダッシュボード画面

一目でわかるWebサイトの状態

Juicerで
出来ることその1

様々なデータや数字の羅列、見るのも嫌になりませんか?Juicer(ジューサー)のダッシュボード機能は、毎日見るべき重要指標をひとつの画面にぎゅっと集約。サイト管理がぐっと楽になります。また、リテラシーを問わないシンプルかつ分かりやすいUIで、チームで情報を共有する際にもスムーズです。
また、サイトに来ているユーザーがリアルタイムで確認できるなど、毎日のサイト運営が楽しくなる機能も多数搭載しています。

動線分析画面

サイトに来ているユーザーは
どんな行動をしている?

Juicerで
出来ることその2

どのようなWebサイトであっても、ユーザーが体験すべき行動は事前に定義されているのが理想的です。ユーザーの動線を見て、想定通りの行動をとっているか、ボトルネックとなっている箇所がないか、確認しましょう。
特に離脱率の多いページや、成果につながっていないユーザー属性を見つけたら、A/Bテストや表示コンテンツ最適化といった改善機能を使って、ピンポイントに改善アクションを取ることもできます。

ニーズ分析画面

ユーザーのホンネや悩みは?

Juicerで
出来ることその3

ユーザー心理を知るには「悩みや不安」にフォーカスするべきだと考えています。Juicer(ジューサー)はインターネット上のお悩み系掲示板やQ&Aサイトから約590億件ものデータを取得し、具体的なユーザーの声から特徴的なキーワードを抽出します。
ユーザーの不安や疑問、新たなニーズを含むリアルな声を探ることで、あなたの企業の意外なイメージや、新たなコンテンツへのヒントが見つかるかもしれません。

ユーザー分析画面

ユーザーはどんな人?

Juicerで
出来ることその4

成果を出すWebサイトには、ユーザー像の正しい把握が欠かせません。Juicer(ジューサー)は、あなたのサイトの代表的なユーザー像を「ペルソナ」の形で自動抽出。また、どんな属性のユーザーが成果に結びつきやすいかも一目瞭然です。
さらに、あなたのサイトがどんな企業からどのくらいアクセスされているかもアクセス元から判定。BtoBマーケティングにもご活用いただけます。

コンテンツ分析画面

どのコンテンツがいちばん優秀?

Juicerで
出来ることその5

ユーザーのニーズを捉え、しっかり心を掴むには、サイトの主役であるコンテンツの改善が欠かせません。
Juicer(ジューサー)では、それぞれのページがサイトにどれだけ価値を提供しているか、流入状況、コンバージョン状況、ユーザーとの接触状況などから判定し、スコアリングします。やみくもに制作や更新を行なうのではなく、成果につながるコンテンツの傾向を把握することで、より効率よくパフォーマンスを改善することができます。

Juicerなら
ぜーんぶ
無料。

  • サイト分析
  • ユーザー分析
  • A/Bテスト
  • 行動ターゲティング
  • DMP
  • 人工知能
  1. 会員登録

    「無料で利用する」ボタンをクリックして会員登録を行います。

  2. タグを埋め込む

    会員登録後発行される1行のタグをご自身のWebサイトの全てのページに埋め込むと、利用できるようになります。
    (タグマネ越しでもご利用頂けます)

  3. ご利用いただけます

    ログインして他ツールと連携したり、コンバージョンページや重要キーワードを登録しましょう!