動線分析

とにかくわかりやすい
動線を追求しました。

サイトに来たユーザーがどんな行動をしているのか?
様々な条件でユーザーの主要動線がわかるので、サイトの線も問題が一目瞭然です。

予定したとおりに
ユーザーは動いてくれているか?

あなたのサイトでユーザーがどんな行動を取っているか、どんなページがボトルネックになっているかが一目瞭然で分かる分析です。離脱率が高く、ユーザーの行動を妨げているページや、想定した動線とは異なるユーザーの動きを見つけたら、A/Bテストや表示コンテンツ最適化といった改善機能を使って、改善アクションにつなげることもできます。

例えば、こんな使い方
あらかじめ設計した主要動線がきちんと機能しているか確認しましょう。
離脱率の高いページのナビゲーションやコンテンツを見直す必要があるかもしれません。

成果の出るパターンの動線が一目瞭然。

特にコンバージョン率が高い動線にしぼって、ユーザーの行動を確認することもできます。いわば、あなたのサイトのお手本ともいえるユーザー行動が表示されるはずです。どんなページがコンバージョンに貢献しているのかを観察し、この動線を通るユーザーを増やしましょう。動線を整えることによって更なる成果が期待できます。

例えば、こんな使い方
コンバージョンを高める要因になっていそうなのはどのページでしょう?
通常の動線と比較して、違いを見つけてみましょう。

男性/女性、平日/休日の動線は
どこが違う?

Juicer(ジューサー)では、性別、年齢、流入経路、デバイス、平日/休日など、様々なユーザーの条件の組み合わせで動線をしぼりこんで分析することができます。想定しているターゲットユーザーや、これまでノーマークだったユーザー層など、色んな組み合わせを試してみて、成功パターン、失敗パターンをそれぞれ見つけましょう。

例えば、こんな使い方
特に成果の高い「優等生」属性は?反対に、成果に結びつきにくい属性は?
ターゲット層に設定した属性が成果につながっているかも確認しましょう。

Juicerなら
ぜーんぶ
無料。

  • サイト分析
  • ユーザー分析
  • A/Bテスト
  • 行動ターゲティング
  • DMP
  • 人工知能
  1. Google Analyticsと連携

    機能の50%が利用可能

    Google AnalyticsをJuicer(ジューサー)と連携させます。これで、分析機能の50%が利用できます。

  2. タグを埋め込む

    全ての機能が利用可能

    登録後に発行される1行のタグを埋め込むと、全ての機能が利用できるようになります。

  3. 人工知能や
    無料A/Bテストが使える

    分析機能やA/Bテストでいろいろ試して、サイトのパフォーマンスを向上させましょう。

Google Analyticsにログインした状態で、
上記のボタンをクリックしてください。
Google Analyticsのデータの読み込みを開始します。

  • ※無料版は改善機能の同時利用数に制限があります。
有料版のご案内