表示
コンテンツ
最適化

ひとりひとりに合わせて
表示を最適化。

表示コンテンツ最適化とはユーザーの属性や
状況に合わせて、サイト内の表示を
切り替える機能です。
ひとつのサイトで様々なニーズに
対応できる点が魅力です。

どんな状況の誰にどこで何を
見せたいのか?教えてください。
ユーザーを判定して、
自動で最適化します。

  • ユーザーの属性で出し分ける

    30代女性には「ファミリーカー」
    50代男性には「大人のセダン」を出し分け。

  • 流入経路で出し分ける

    広告から流入してきたユーザーには
    広告と同じバナーをトップページに表示。

  • 興味・関心で出し分ける

    前回「バッグ」のページを見たユーザーには、次回アクセス時に「新作バッグ」を表示。

  • 周囲の環境で出し分ける

    雨の日にアクセスしてきたユーザーを、「雨の日限定クーポン」で実店舗に誘導。

  • ユーザーの状況で出し分ける

    「朝7〜8時」かつ「移動中」のユーザーには「通勤中の暇つぶし」コンテンツを表示。

  • 訪問頻度・ロイヤリティで
    出し分ける

    前回コンバージョン直前で離脱したユーザーを「今なら〇〇」キャンペーンで後押し。

使える条件は約100種類。
自由にユーザーを指定できます。

独自タグと機械学習によってユーザーの状況や属性を判定。組み合わせ次第であらゆるニーズに対応できます。

  • ユーザーの属性

    • 年齢
    • 性別
    • IPアドレス
    • 都道府県
  • サイト利用履歴

    • 新規ユーザー/
      リピーター
    • 特定ページの閲覧
    • コンバージョン
      経験あり/なし
  • ユーザーの状況

    • 移動中/静止中(スマホのみ)
    • 曜日
    • 時間帯
    • 天気
    • 気温
  • アクセスの状況

    • 参照サイト
    • SNS
    • 検索エンジン
    • 直接アクセス

カンタン操作でユーザーを指定。

対象ユーザーを決める画面では、指定できるユーザーの条件が一覧で確認できます。気になる条件をどんどんクリックして、ユーザーを指定していきましょう。サイト利用履歴などWeb上の条件だけでなく、ユーザーの移動状況や、天気・気温といった多彩な条件で指定が可能です。様々なパターンを試して、最適なコミュニケーションを見つけましょう。

使いやすさのポイント
指定したユーザーのボリュームがどれくらい見込めるかを円グラフの変動でお知らせ。絞り込みすぎる心配がなく、確実にアプローチできます。

Juicerなら
ぜーんぶ
無料。

  • サイト分析
  • ユーザー分析
  • A/Bテスト
  • 行動ターゲティング
  • DMP
  • 人工知能
  1. Google Analyticsと連携

    機能の50%が利用可能

    Google AnalyticsをJuicer(ジューサー)と連携させます。これで、分析機能の50%が利用できます。

  2. タグを埋め込む

    全ての機能が利用可能

    登録後に発行される1行のタグを埋め込むと、全ての機能が利用できるようになります。

  3. 人工知能や
    無料A/Bテストが使える

    分析機能やA/Bテストでいろいろ試して、サイトのパフォーマンスを向上させましょう。

Google Analyticsにログインした状態で、
上記のボタンをクリックしてください。
Google Analyticsのデータの読み込みを開始します。

  • ※無料版は改善機能の同時利用数に制限があります。
有料版のご案内