機能紹介

A/Bテスト
とは

かんたん操作で
サイトのコンバージョンを
平均163%改善!

複数のパターンの中から最も成果につながるクリエイティブを発見する検証手法、A/Bテスト。
JuicerのA/Bテストなら、ソースコードを触ることなく、簡単な操作のみで改善PDCAが実現できます。

最短1分でA/Bテストが開始できる。

A/Bテストとは、サイト内の一部の表示をAパターン、Bパターン…と複数のパターンで出し分け、クリック率やコンバージョン率など最も高い成果を出すパターンを判定するサイト改善手法です。
Juicerでは、A/Bテストを実施するページの指定、クリエイティブの登録、成果指標や条件の設定まで、すべての手順を簡単なクリック操作のみで行うことができます。クリエイティブの登録時も、画像ならドラッグ&ドロップ、ボタンなら⾊や⼤きさを画面上から選ぶだけなので、エンジニアの方でなくてもソースコードに触れることなくテスト実施が可能です。

成果の良いパターンが
自動で生き残る。

JuicerのA/Bテスト機能では、1位になれないと統計的に判断されたパターンを⾃動で⾮表⽰にする「サバイバルモード」を搭載しています。クリック率、コンバージョン率などの成果がより⾼いパターンだけが⽣き残り、より多く表示されるようになるため、A/Bテストを続けながらサイトを最適化してゆくことができます。

過去の優秀クリエイティブを
引き継いでテストできる。

過去のA/Bテストで最も成果を出した勝利パターンを引き継いで、「過去の勝利パターンvs新しいクリエイティブ」というA/Bテストも作成できます。A/Bテストが終わるたびにソースコード触って勝利パターンのクリエイティブに差し替える、という作業が必要ないので、サイト改善のPDCAをスムーズに回すことができます。

その他特徴

  • 成果指標は3つから選べます

    A/Bテストを実施する際の成果指標はクリック率、コンバージョン率、ビュースルーコンバージョン率(対象パターンを閲覧し、最終的にコンバージョンに至った割合)の3つから選べます。

  • クリエイティブ画像の
    保管機能を搭載

    Juicer上にアップロードした画像は「画像の保管庫」に自動でストックされるため、過去の勝ちパターンを管理したり、探したりするのも簡単です。

  • パワポ形式のレポートを生成

    データ活用オプション」を追加していただくと、A/Bテストの結果レポートがパワーポイント形式で自動生成され、ダウンロードしてご利用いただけるようになります。

この機能についてのよくある質問

  • 1つのA/Bテストで何箇所も変更できますか?

    大変恐れ入りますが、1つのテストで複数箇所を変更するA/Bテスト(多変量A/Bテスト)には対応しておりません。Juicerでは、どなたにも簡単にご利用いただくため、シンプルなA/Bテストのみを提供しております。

  • どこから始めればいいか分からないのですが…

    まずは主要なランディングページの中で直帰率の高いページで試されることをおすすめいたします。また、弊社によるA/Bテスト完全代行オプションもご用意しておりますので「まずはイメージを掴みたい」「リソースがないのでまるっと任せたい」という方はお気軽にお問い合わせください。

  • コンテンツの配置を変えたり、新しくコンテンツを追加するA/Bテストはできますか?

    大変恐れ入りますが、JuicerのA/Bテストではコンテンツが存在しない箇所へ新規コンテンツを追加するテストや、コンテンツの配置を変更するテスト、URLを振り分けてページ単位で成果を判定するテストには対応しておりません。
    Juicerでは、あるコンテンツ(画像、テキスト、ボタン)を異なるコンテンツに置き換えるタイプのテストにのみ対応しておりますので、何卒ご了承ください。

A/Bテストを使ってみたいと思ったあなたJuicerのご利用登録はこちらから

  • 基本機能はすべて無料です。
  • 一行のタグをサイトに埋め込むだけで使えます。タグマネージャ経由でもOK。
  • メールアドレスと基本情報で登録可能。申込書やクレジットカードは必要ありません。