機能紹介

ダッシュボード
とは

毎日チェックしたい
重要指標を
グラフィカルに分析。

PV、コンバージョン率、直帰率、アクティブ率…Web担当者が忙しくても毎⽇チェックしておきたい
アクセス解析の基本指標を1つの画面にぎゅっと凝縮。かんたん、スピーディにサイトの変化を確認できます。

アクセス解析の重要指標を
かんたんチェック。

Juicerのダッシュボード機能では、PV数、セッション数、コンバージョン数の時系列での変化やデバイスごとのパフォーマンスの違い、アクティブ率や直帰率を含むアクセス解析の重要指標の変化などを一目で確認していただくことができます。
Googleアナリティクスに代表されるようなアクセス解析ツールレベルの豊富な情報量と、一覧性が高くマーケティング施策に生かしやすい画面の両立を目指しました。

サイトの変化を発見してお知らせ。

サイト全体のアクセスログデータを眺めているだけでは、重要な変化に気付きにくいものです。Juicerのダッシュボードでは、サイトに起きた変化を訪問ユーザー数、新規ユーザー数、直帰率、アクティブ率などの重要指標ごとにお知らせします。いつもより大きな変化が起きた箇所をチェックして、流入経路やサイト内導線などマーケティング戦略上重要なポイントをチューニングしてゆきましょう。
また、ページの読み込み速度が低下していたり、特定のサイトからのアクセスが増えた場合などにいち早くお知らせする機能も追加される予定です。

注力すべきページを見つけて
改善点を提案。

多くのユーザーを獲得しているのに直帰率が高いページなど、優先して取り組むことで高い改善効果が得られるページを判定して提案します。サイトのアクセス状況を把握するだけではなく、コンバージョンにつながる具体的な改善点を知ることで、効率よくサイト改善を進めていくことができます。
Juicerには、直帰率の高いページやランディングページの改善に効果的な「A/Bテスト機能」やサイト内の導線改善におすすめの「ポップアップ機能」が搭載されているので、注力すべきページの発見からコンバージョン改善のための施策までをシームレスに実行できます。

その他特徴

  • 表示指標はカスタマイズ可能

    全12個用意されたアクセス解析の重要指標の中から、特に重要なものを選んで表示させることができます。並べ替えも可能で、使いやすい形にダッシュボードをカスタマイズできます。

  • チャネル別の流入比率も分析

    自然検索、広告、SNS(ソーシャルメディア)などの主要な流入経路ごとのアクセス数や、コンバージョンに至った割合なども確認できます。

  • 業界平均値と比較できる

    Juicerでは、保有する27,000以上のサイトにそれぞれ「業界」を割り当て、業界ごとに平均値を算出しております。各指標ごとに「業界平均値」が表示されるため、同業他社と比較していただくことができます。

この機能についてのよくある質問

  • 各指標の定義はGoogleアナリティクスの指標と同じですか?

    多くの企業がGoogleアナリティクスを導入されている現状を踏まえ、Juicerでも各種指標の定義をGAに揃えるよう、取れる限りの対応を入れております。
    ただ、ソースコード内にタグを導入してご利用いただくというサービスの性質上、他のタグやサイト内の要素に影響を受ける可能性がございますので、ある程度の誤差についてはご容赦いただきますようお願いいたします。

ダッシュボードを使ってみたいと思ったあなたJuicerのご利用登録はこちらから

  • 基本機能はすべて無料です。
  • 一行のタグをサイトに埋め込むだけで使えます。タグマネージャ経由でもOK。
  • メールアドレスと基本情報で登録可能。申込書やクレジットカードは必要ありません。