機能紹介

アクセスログ
分析とは

サイトのパフォーマンスを
ページ単位、チャネル
単位で分析。

サイト改善の手段が多様化しても、やはり欠かせないのが基本のアクセス解析。
重要指標を基準にページやサイトを評価し、注力すべきページや課題の発見につなげましょう。

基本のアクセス解析がこれ1つで。

Googleアナリティクスに代表されるように、アクセス解析ツールはもはや無料で使えるのが当たり前になりつつあります。
Juicerでもアクセス解析に特化したツールに相当する機能を備えることを目指し、ページごとのpvやセッション、直帰率の比較・分析がっできる「ページ一覧」や、ランディングページのパフォーマンス分析ができる「入り口ページ」、流入経路ごとの分析ができる「参照元一覧」などの機能を搭載しております。もちろん、これらの機能はすべて無料でお使いいただくことができます。

動線分析でユーザー体験の
成功パターンを可視化。

ページごとのパフォーマンスを個別に分析できる他の機能とは異なり、動線分析機能ではユーザーがあなたのWebサイトの中で辿った行動パターンの中で最も多かったものを「主要動線」として導き出します。流入経路やランディングページごとに絞り込んで動線を確認することもでき、Webサイト内で最もコンバージョンに結びつく成功パターンの動線を見つけることができます。

最も価値を発揮しているページも
一目瞭然。

「コンテンツ評価」機能を使えば、「自然検索やSNS(ソーシャルメディア)からの新規ユーザーの獲得」「コンバージョンへの貢献」「他のページへの遷移への貢献」の3つの観点から、それぞれのページを自動でスコアリングします。サイト内の全てのページが単一の指標で比較できるので、Webサイトに価値をもたらしているページ、注力すべきページが簡単に分かります。
また、3つの観点からスコアリングすることで、明確なコンバージョンがないWebメディア系のサイトにもご活用いただくことができます。

その他特徴

  • IPアドレス除外機能で
    ノイズを排除

    Googleアナリティクス等の一般的なアクセス解析ツールと同様、特定のIPアドレスからのアクセスを除外する機能を搭載しています。社内IPなどを除外設定していただくことで、ノイズの少ないアクセス解析ができます。

  • Googleアナリティクスとの
    データ連携可能

    Juicerタグをサイトに設置する前の過去分のデータを、Googleアナリティクスのデータで補填することができるので、データが溜まるのを待たずにアクセス解析を始めることができます。

  • レポート出力にも対応

    データ活用オプション」を追加していただくと、Juicerの画面上でご覧いただける各種アクセスログのデータをレポートとしてダウンロードしていただくことが可能です。

この機能についてのよくある質問

  • Juicerタグの設置はタグマネージャ経由でも可能ですか?

    Juicerタグは、Google、Yahoo!のタグマネージャに対応しております。「カスタムタグ」の項目より設定をお願いいたします。詳しい導入方法については資料ダウンロードページよりマニュアルをダウンロード可能です。

アクセスログ分析を使ってみたいと思ったあなたJuicerのご利用登録はこちらから

  • 基本機能はすべて無料です。
  • 一行のタグをサイトに埋め込むだけで使えます。タグマネージャ経由でもOK。
  • メールアドレスと基本情報で登録可能。申込書やクレジットカードは必要ありません。